【レゴ クラシック】パーツの買い足しにおすすめのセット6選

当サイトは広告を利用しています
レゴクラシックの買い足しにオススメのセット:パーツの形編

この記事では、足りないパーツを買い足すのにおすすめのクラシックを紹介します。

タイヤや基本ブロックを買い足したい

これ作りたいけど、どのクラシックなら作りやすいかな?

という時の参考にしてください!

2024年には買い足し向けに優秀なセットも発売されたので、それらも含めてご紹介します。

目次

レゴ クラシックの違いと選び方

レゴ クラシックのパーツ内容をみると、大きく3つのタイプに分けられます(※私が勝手に分類したもの)。

バランス型はじめてクラシックを買う

いろいろなモチーフをつくりたい
パーツ特化型特定のパーツを買い足したい

つくりたいものが大体決まっている
カラー特化型特定の色を買い足したい

同じ色のパーツが沢山ほしい

買い足しならパーツ特化型カラー特化型から選ぶと良いでしょう。

この記事では「タイヤが欲しい」「ドアが欲しい」など特定のパーツが欲しい人向けに、パーツ特化型のおすすめを紹介します。

スクロールできます
\ 今回はこれ /
パーツ量バランスパーツ特化カラー特化
多い アイディアパーツ<スペースミッション>

ファンタジーランド
アイデアパーツ <マルチカラー>
普通 アイデアパーツ<パーティーセット>
 アイデアパーツ<マルチパック>
のりものをつくろう
黄色のアイデアボックス <スペシャル>
黄色のアイデアボックス <プラス>
おうちをつくろう
 ペットをつくろう

ほしをつくろう
アイデアパーツ<透明パーツ入り>
少ないアイデアパーツ<収納ケースつき>

モンスター
海のぼうけん
アイデアパーツ<ネオンカラー>
アイデアパーツ<パステルカラー>
リンク先:Amazon

特定の色を買い足したい人はこちらの記事をご覧ください。

パーツの買い足し・追加におすすめのレゴ クラシック

2024年の新作クラシックで、買い足しにぴったりなパーツ特化型セットがたくさん登場しました。

「のりものをつくろう」「おうちをつくろう」など、セットの名前もわかりやすいです。

ラムキー

セットの名前の通りに買えば、まず間違いありません。

よく使う5種類のパーツについてオススメを紹介します!

【タイヤ】のりものをつくろう(11036)

出典:LEGO.com

現役クラシックの中で、最もタイヤが多いセットです。

その数、なんと52個!

ラムキー

他のクラシックと比べても圧倒的です!

タイヤの種類は4種類だけですが、同じタイヤがまとまって入っているので電車や汽車もイケます

車によく使うプレートも沢山入っているし、窓に使える透明パーツも豊富。

説明書に載っている車がめちゃめちゃかわいいのもポイント高いです。

【ドア・窓】おうちをつくろう(11035)

ドアが入っているクラシックは少ないのですが、このセットならたくさん手に入ります。

出典:LEGO.com

現役クラシックの中で、ドア・窓が最も豊富なセットです。

ドアは6個も入っており、全部色が違ってカラフルなのも嬉しいポイント。

窓に至っては30個!

ガラス窓からおしゃれな飾り窓まで、7種類のラインナップです。

ラムキー

こだわりのお家が作れます!

植物パーツも沢山入っているので、庭づくりもできるのが良いところです。

【動物の目】ペットをつくろう(11034)

動物をつくるためのセットですが、ちょっと変わった雰囲気。

出典:LEGO.com

ふつうは別のブロックで顔を作って、丸パーツの目をはめるのですが、

このセットはブロック自体に目がプリントされています。

このセットの目パーツ

出典:LEGO.com

よくある丸パーツの目

顔に使うパーツが限定される分、初心者でも簡単に動物が組み立てられそうです。

ただ、丸パーツの目を使う動物よりも、ちょっとリアルさに欠けるかな…。

初心者にはぴったりかと思いますが、本格派なお子さんには物足りない気がします。

【動物本格派】ファンタジーランド(11033)

もっと本格的な動物をつくりたい人にはこちらの方がおすすめ。

出典:LEGO.com

そもそも全体のパーツ量が1800個とエグいですが、丸い目パーツも46個と大量です。

さらにこのセットのおすすめできる理由は、羽やツメ、キバがたくさん入っているところ。

ラムキー

ドラゴンや恐竜を作るときに便利です!

また、レゴで動物をリアルに作ろうとすると、どうしても大きくなりがち。

その点、この1800ピースのセットならパーツ不足に悩まず作れるでしょう。

【基本ブロック】アイデアパーツ<マルチパック>(11030)

何の変哲もない四角い基本ブロックは、使いやすいのでよく使います!

出典:LEGO.com

クラシックに入っている基本ブロックの割合は、セットによりますがおおむね1割~5割程度です。

そんな中でも、10割(つまり全部)基本ブロックで構成されているのがこのセット。

しかも1000個。笑

特殊なパーツは入っていませんが、基本ブロックを積むだけでもあらゆるモチーフが作れます。

色も10色のみで、非常にシンプル。

出典:LEGO.com

大きい作品を作るなら、同じ色が沢山入っている方が作りやすいんですよね。

不足しがちな基本ブロックを足すには、これ以上ないセットです!

一番よく使う基本の四角いブロックのみで構成された人気セット
¥13,331 (2024/02/21 21:23時点 | Amazon調べ)

【歯車】アイデアパーツ<メカニズム>(11019)

メカニックな動く作品をつくれるこちらの歯車セットは、2023年で廃盤になりましたが後続のセットが出ていません。

そのため、このセットだけは廃盤ですが紹介します(Amazon等で探してみてください)。

出典:LEGO.com

このセットには歯車が大小24個入っています。

車輪の動きに連動して、プロペラが回転するヘリなども作れますよ。

出典:LEGO.com

レゴにはテクニックシリーズという、複雑な動作ギミックを搭載したセットがありますが、その足掛かりにもなるセットです。

お試し的に遊んでみて、興味をもったらテクニックにも挑戦してみてください!

LEGO.comでの価格は4,780円でしたが、廃盤セットのためそれよりは高くなっていると思います。

まとめ

今回は特定のパーツの買い足しに便利なクラシックを紹介しました。

色の買い足しに使えるクラシックは、こちらの記事も参考にしてください。

色・形がバランスよく入ったクラシックは、こちらで紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大人になってはじめてレゴに触った、大人のレゴファン。
アラサー独身女。
ハリポタ好き。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次